メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田原市再開発事業

お城通りにホテルや図書館 万葉倶楽部と基本協定を締結 広域交流施設、19年完成へ /神奈川

協定書を手にする高橋弘会長(左)と加藤憲一市長=小田原市役所で

 小田原市が進めている小田原駅東口お城通り地区再開発事業で、「広域交流施設ゾーン」整備の優先交渉権者になった万葉倶楽部(同市栄町)と市との基本協定締結式が27日、同市役所であった。市はホテルや図書館を備えた施設の建設を計画しており、万葉倶楽部は2017年度以降に施設の設計に着手し、19年中の完成を目指すことにしている。

 再開発事業は1984年に旧国鉄から貨物ヤード跡地を取得したことから始まった。市有地と一部民有地に公…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです