メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェアトレードタウン

今治西高生が実現を呼びかけ 市議アンケなど積極的活動 /愛媛

モデルや司会役で「フェアトレード・ファッションショー」を繰り広げる今治西高海外研究部の生徒ら=愛媛県今治市片原町1で、松倉展人撮影

 「今治市を国内4番目の『フェアトレードタウン』に」。県立今治西高海外研究部(矢野悠佑(ゆうゆ)部長)の部員15人が、発展途上国の人々を助ける公正な貿易「フェアトレード」をまちぐるみでする「フェアトレードタウン」の実現を市民らに呼びかけている。今月、今治市議へアンケートをして意識を探るなど、活動は積極的だ。【松倉展人】

 フェアトレードは、立場の弱い開発途上国の原料、製品を適正な価格で購入し続けることで、生産者や労働者の生活改善、自立を助ける貿易の仕組み。児童労働の撤廃や環境保全にもつながるため、先進各国に活動が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです