メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ

 栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で27日発生した雪崩で、県立高校の男子生徒ら8人の死亡が確認された遭難事故。前日に大雪注意報が出されており、現場では当日朝の登山訓練を中止したものの、講習自体は継続していた。判断は適切だったのか、雪崩はなぜ起きたのか--。県教育委員会は今後、詳しい状況などを確認する方針で、原因究明に向けた検証作業が求められる。

この記事は有料記事です。

残り2633文字(全文2812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです