メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生命保険各社

中小企業向け強化 成長市場、新商品投入

中小企業経営者が抱える主な課題

 生命保険各社が、中小企業向けの営業強化に乗り出している。これまで大同生命保険やエヌエヌ生命保険が市場をリードしてきたが、住友生命保険が4月から本格参入するなど、個人向け主体の大手生保が相次いで商品を投入する。超低金利で収益環境が悪化する中、各社は中小企業向けを数少ない成長市場と見ており、競争は激しさを増しそうだ。【中島和哉】

 法人向け保険商品は、法人が契約者として加入するタイプの保険。従業員の事故や病気の際の補償に備えたり、経営者が死亡した場合の経営悪化リスクに備えたりする目的で加入する。保険料が課税対象にならない「損金」計上できるため、節税目的で加入する企業も多い。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです