メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

復活祭を楽しむ 春色卵に飾りをぺたり

アクリル絵の具とデコパージュで飾り付けたイースターエッグ。100円ショップで買える造花やかごに飾り付ければさらに華やかに

 <くらしナビ ライフスタイル>

 イエス・キリストが死からよみがえったことを祝福する祭日「イースター」が、秋のハロウィーンに続いて日本でもイベントとして定着しつつある。そのシンボルとなるのが春らしい色や飾りを付けた卵「イースターエッグ」。100円ショップで手に入る物で簡単に手作りできる。

 イースターは毎年「春分の日の次の満月の後の最初の日曜日」とされており、今年は4月16日。命の再生をイメージさせる卵と繁殖力の旺盛なウサギがシンボルで、日本では「復活祭」と呼ばれる。

 祝祭の雰囲気を盛り上げるのが卵の装飾品だ。茨城県つくばみらい市の自宅でクラフトやキャラ弁の教室を開…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1311文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです