メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

復活祭を楽しむ 春色卵に飾りをぺたり

アクリル絵の具とデコパージュで飾り付けたイースターエッグ。100円ショップで買える造花やかごに飾り付ければさらに華やかに

 <くらしナビ ライフスタイル>

 イエス・キリストが死からよみがえったことを祝福する祭日「イースター」が、秋のハロウィーンに続いて日本でもイベントとして定着しつつある。そのシンボルとなるのが春らしい色や飾りを付けた卵「イースターエッグ」。100円ショップで手に入る物で簡単に手作りできる。

 イースターは毎年「春分の日の次の満月の後の最初の日曜日」とされており、今年は4月16日。命の再生をイメージさせる卵と繁殖力の旺盛なウサギがシンボルで、日本では「復活祭」と呼ばれる。

 祝祭の雰囲気を盛り上げるのが卵の装飾品だ。茨城県つくばみらい市の自宅でクラフトやキャラ弁の教室を開…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1311文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです