メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クラウドファンディング

零戦飛行士の生涯描く映画製作

自宅でインタビューに応じる生前の原田要さん=宮尾哲雄監督提供

 昨年5月、99歳で亡くなった元零戦パイロットの原田要(かなめ)さん=長野市=の生涯を描くドキュメンタリー映画を製作している市民団体が、7月の上映開始に向け、インターネット上のクラウドファンディング(CF)で支援を募っている。製作・上映費として175万円を目標としており、宮尾哲雄監督(67)=長野県須坂市=は「(戦争の)時代と向き合い、時代を背負って生きた原田さんの1世紀を描ききりたい」と意気込んでいる。

     原田さんは零戦パイロットとして真珠湾攻撃やミッドウェー海戦に参加。ガダルカナル作戦では左腕に被弾して墜落、奇跡的に生還した。著書によると飛行時間は計8000時間に上り計19機を撃墜。戦後は地元の幼稚園園長を務める傍ら全国各地で講演し、敵兵を殺した後悔と平和への思いを語り続けた。

     元地元テレビ局ディレクターの宮尾監督は約3年前、講演会での出会いを機に取材を開始。映画は10時間以上に及んだインタビューや講演などを基に原田さんの生涯を激動の時代背景とともに描く。

     7月29日~8月12日まで長野市鶴賀権堂町の映画館「長野相生座・ロキシー」で上映する。ナレーションは女優の檀ふみさん。宮尾監督は「若い人々が戦争について考えるきっかけを与えられれば。原田さんが願っていたように」と話す。

     支援の申し込みはCF専門サイト「CF信州」(https://cf‐shinshu.jp)、問い合わせは「戦争体験を継承する会」事務局=木曜休み(026・214・7231)へ。【川辺和将】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長崎県警 巡査4日間失踪 スマホ課金で悩み「親が怒る」
    2. 異物混入 給食のカレーに金属片 生徒が吐く 大分・宇佐
    3. 調停 俳優の船越さんと松居さんが離婚
    4. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
    5. 恵那市 残業中にパソコンでゲーム、係長を降格処分

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]