メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
和歌山小5殺害

被告に懲役16年判決「殺意は強固」

森田都史さんが倒れていた現場(手前)に向かって手を合わせる女性=和歌山県紀の川市で2015年2月、山崎一輝撮影

 和歌山県紀の川市で2015年2月、小学5年の森田都史(とし)さん(当時11歳)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同市の無職、中村桜洲(おうしゅう)被告(24)の裁判員裁判の判決公判が28日、和歌山地裁であり、浅見健次郎裁判長は懲役16年(求刑・懲役25年)を言い渡した。

 公判では検察側、弁護側とも中村被告が事…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文399文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです