自殺対策

過労、産後うつが重点 厚労省が見直し骨子案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国の自殺対策の指針である「自殺総合対策大綱」見直しに関し、厚生労働省は27日の有識者会議に骨子案を示した。過労自殺につながる長時間労働の是正や、産後うつなどのリスクのある妊産婦などの支援強化を打ち出した。今夏にも新大綱を決定する。

 警察庁の統計によると、自殺者数は減少傾向にあるが、過労自殺を含む「…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集