那須雪崩8人死亡

一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
救助され、下山する高校生たち=栃木県那須町で2017年3月27日午後6時45分、小出洋平撮影
救助され、下山する高校生たち=栃木県那須町で2017年3月27日午後6時45分、小出洋平撮影

 安全な登山を学ぶ場でなぜ--。栃木県那須町のスキー場で27日朝、登山講習中の県内高校生らの団体が雪崩に巻き込まれた。高校生7人と教員1人が死亡し、重傷者を含む40人が負傷する惨事に。深い雪に阻まれ、消防や警察、自衛隊による救助作業は難航。「我が子は」。保護者らは悲痛な表情で無事を祈った。

 「雪崩が来るぞ」。講習に参加していた矢板中央高校1年の男子生徒(16)は男性の大きな叫び声を聞いた。ゲレンデのコース外にある樹林帯で、雪をかき分けて進む訓練中だった。その後の記憶ははっきりしない。気がついたときには胸の辺りまで雪に埋もれていた。自力ではいずり出て、全身が埋まった仲間をみんなで助け出した。

 男子生徒によると、午前7時半ごろから班ごとに樹林帯のあちこちで訓練をしていた。雪はひざの高さぐらいまで積もっていた。「雪崩はあまりに突然で、景色も音も覚えていない」とぼうぜんとした様子で語った。

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1377文字)

あわせて読みたい

注目の特集