メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特養待機者

36万6000人 前回調査から3割減

 厚生労働省は27日、特別養護老人ホーム(特養)に申し込んでも入れなかった入所待機者数が2016年4月1日時点で、36万6139人だったと発表した。前回(13年4月)の52万3584人に比べ3割減った。15年4月から入所要件を厳しくしたのが主な要因。

 特養は全国に約9600カ所あり、入所定員は約58万人。以前は要介護1~5のいずれの人も申し込めたが、15年4月から「原則要介護3以上」とし、1~2の人については認知症などで自宅での生活が難しいケースに限定した。

 要介護3~5の待機者数は29万5237人で前回(34.5万人)比約5万人減。このうち自宅で待ってい…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです