メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

こまどり姉妹/下 歌はご飯のため 忘れないラーメンの味=専門編集委員・川崎浩

 美空ひばりの「悲しき口笛」を門付けで歌う姉栄子、妹敏子の長内姉妹は、そのうまさで銭函(ぜにばこ)(現北海道小樽市)中の評判を呼ぶようになった。1950年ごろである。歌は、パチンコ屋の外に漏れる流行歌を「1回聴いたら覚えてその日に歌えた」と言う。「ご飯が食べられないと、生きることがいかに大変か、11歳で知る。すると、今に見ていろ!と元気になって頭もさえわたってくる」

 歌のレパートリーと門付け場所が増えると、プロが目を付ける。「帯広の香具師(  やし  )の親分から…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです