メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

SEITEI 蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭 転換期生きた画家=評・高橋咲子

 近世から近代へと移る転換期に生きた画家、渡辺省亭(せいてい)(1852~1918年)の個展が開かれている。明治以降の制度の中で「日本画」が構築される一方、画壇に属さなかったため美術史からはこぼれ落ちた画家。幕末から明治にかけての「美術」を巡る動きが近年見直されているが、本展を弾みに再評価も進むだろう。

 花鳥画を西洋的な感覚を取り入れて描いた省亭は、柴田是真、河鍋暁斎と共に欧米で評価が高いが、重要作品…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです