メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

SEITEI 蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭 転換期生きた画家=評・高橋咲子

 近世から近代へと移る転換期に生きた画家、渡辺省亭(せいてい)(1852~1918年)の個展が開かれている。明治以降の制度の中で「日本画」が構築される一方、画壇に属さなかったため美術史からはこぼれ落ちた画家。幕末から明治にかけての「美術」を巡る動きが近年見直されているが、本展を弾みに再評価も進むだろう。

 花鳥画を西洋的な感覚を取り入れて描いた省亭は、柴田是真、河鍋暁斎と共に欧米で評価が高いが、重要作品が海外で所蔵されていることもあり、忘れられてしまった。そこで、来年が没後100年に当たることから、美術関係者が実行委をつくり、展覧会を実現させた。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです