ホップ

安曇野地ビール市販目指し追加栽培開始 岩手産苗100株 市内農家 /長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホップの苗を農場に植える「安曇野産ホップを生産する会」のメンバーら=安曇野市堀金烏川で
ホップの苗を農場に植える「安曇野産ホップを生産する会」のメンバーら=安曇野市堀金烏川で

 安曇野産地ビールの本格生産を目指し、安曇野市の農家が28日、昨年に続き、ビール原料のホップ栽培を市内の農場で始めた。昨年は生育量が少なかったため、今年は仕切り直しとして新たに苗100株を定植。ホップを多く確保し、来年度中に地ビールの市販化を目指すという。

 ホップ栽培は地元農業者がつくる「安曇野産ホップを生産する会」が県と市の補助を受けて取り組む。同市堀金烏川にホップ棚を備えた農場を整備。ホッ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集