メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

避難者の引っ越し手助け 自らも被災の2人 住宅無償提供打ち切りで増 /大阪

避難者(手前)の引っ越しを手伝う弓野雄二さん(右)と鈴木保弘さん=大阪市住之江区で、大久保昂撮影

 今春は東日本大震災による避難者の引っ越しが多い。福島県の中でも、原発事故による避難指示が出ていないエリアからの「自主避難者」に対する住宅の無償提供が打ち切られるからだ。しかし、荷造りや引っ越し費用は大きな負担となる。避難生活を送る男性たちが、同じ境遇の仲間を助けようと引っ越しを手伝っている。【大久保昂】

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文885文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです