メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/93 庄野潤三 絆を大切にした人生 /島根

 文藝担当の編集者として、私が最も度重ねてお会いし原稿をいただいたのは、庄野潤三さんである。昭和42(1967)年4月8日の初対面から、平成21(2009)年9月21日逝去、そして同月28日の葬儀にいたるまでの四十余年に及ぶ、庄野さんと庄野家のみなさんの恩愛を忘れることはない。その間には、大学生だった娘さんが嫁がれ、中学生と小学生だった息子さんが会社員になり、そして所帯を持たれた。

 出版界も時の風潮で変わった。いわゆる「バブル」のころ、法外な前渡し金で作家を囲い込み、夜の銀座に連れ出し「文壇バー」でもてなした。しかし、庄野さんはそうしたことに無縁な作家であった。堅実な暮らし方を守り、一切受け付けなかった。

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです