メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

「憲法違反」 住民225人きょう提訴 /宮崎

 集団自衛権行使を容認する安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして県内の住民225人が29日、1人当たり10万円の国家賠償を求める集団訴訟を宮崎地裁に起こす。弁護団が28日に会見し明らかにした。

 原告は県内の30~90代男女。戦争体験者や被爆者と家族、新田原基地周辺の住民、元裁判官ら。昨年11月に…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです