メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

「憲法違反」 住民225人きょう提訴 /宮崎

 集団自衛権行使を容認する安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして県内の住民225人が29日、1人当たり10万円の国家賠償を求める集団訴訟を宮崎地裁に起こす。弁護団が28日に会見し明らかにした。

 原告は県内の30~90代男女。戦争体験者や被爆者と家族、新田原基地周辺の住民、元裁判官ら。昨年11月に…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです