メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

外国人労働者の子どもたち=大澤重人(大津支局)

日本語を一から学び、高校の受験勉強も行う「虹」教室の生徒たち=滋賀県草津市で昨年10月、大澤重人撮影

社会の一員、教育支援を

 日本で暮らす外国人が増えている。それなのに街で見かけたら無意識に目をそらしていないだろうか。「別世界の人だから」と。では、コンビニ弁当は主に誰が作っているのだろうか。人手が不足する職場を支えているのが彼らだ。その子どもたちの多くが言葉につまずいている。好きで日本へ来たのだからと、見て見ぬふりを続けていいのだろうか。

 私もかつて目をそらす一人だった。昨春、製造業の立地が多い滋賀県に転勤し、県内には60人に1人の割合…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2044文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです