メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Country・Gentleman

大地に根を下ろす人への信頼=C・W・ニコル

雪の間から顔を出したフキノトウ=長野県信濃町で、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 1962年の来日当初、日本語と悪戦苦闘していた私が真っ先に覚えた言葉の一つが「国」だった。行く先々で「国はどこか」と聞かれるたび、「英国(ブリテン)」と答えていた。当時、わが祖国ウェールズの名を知る日本人はいないに等しかったからだ。しかし、和製の「イギリス」という名だけは、断固として拒んだ。ウェールズ人、スコットランド人、北アイルランド人の誰ひとり、自分を「イギリス人」とは認めるまい。私の生まれはウェールズで、イングランドではない。要するに、「祖国」とは誇りと帰属意識(アイデンティティー)の問題なのだ。「英国人(ブリティッシュ)」と呼ばれる分には文句はない。

 さて、コラムのタイトルにある「カントリージェントルマン」とはいかなるものか--。英国紳士? ウェー…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1098文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです