メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
転勤、できますか?

/上 キャリアアップの裏で葛藤

「転勤でキャリアを積みたい」という清水さんだが、いずれは地元に帰るつもりだ=中村かさね撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 4月、自分や家族の転勤で新しい土地で生活を始める人も多いだろう。かつて正社員なら「辞令一本でどこへでも」が暗黙の了解だったが、共働きや介護しながら働く人が増え、転勤制度は曲がり角に来ている。

 ●夢への一歩全国へ

 今年1月、ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の店長として東京都八王子市内で働く清水健司さん(32)は、運営母体モスストアカンパニー(MSC)の東日本支社長の訪問を受けた。「期待してるよ」という励ましとともに宇都宮市の新店舗へ異動を告げられた。前任地の札幌から転勤して2年半。意欲と同時に、別れの寂しさ、店一丸で取り組んできた目標を達成できずに去ることへの無念さもこみ上げてきた。

 MSCは「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの子会社。全国展開を機に、2014年度から支社…

この記事は有料記事です。

残り1927文字(全文2290文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです