メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
調布墜落

無許可で客乗せ報酬 会社社長ら書類送検

小型機の墜落現場で検証する警察官ら=東京都調布市で2015年7月28日午後2時44分、本社ヘリから撮影

 東京都調布市で2015年7月、5人乗り小型機が住宅街に墜落し8人が死傷した事故で、警視庁調布署捜査本部は29日、機体を管理していた「日本エアロテック」(調布市)が無許可で航空運送事業を行っていたとして、小山純二社長(63)と営業担当の幹部(53)、事故で死亡した川村泰史機長(当時36歳)を航空法違反容疑で書類送検した。

 書類送検容疑は、13年1月から事故当日の7月26日まで計7回、国の許可を受けずに川村機長操縦の小型…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1311文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです