メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック

宅配ボックス生産追いつかず 受注5倍超

 パナソニックは28日、戸建て住宅用の宅配ボックスの3月の受注が、前月の5倍を超える2000台以上に達したと発表した。宅配便の再配達を減らす機運が高まり、受注が急増した格好で、既存製品の生産が追いつかなくなり、4月に予定していたアパート向けなどの新商品の発売は6月に延期する。今後は生産力を2倍に増強するという。

 不在時に荷物を受け取れる戸建て向け宅配ボックスの注文は、従来は認知度が上がらず1カ月に400~500台程度しか売れなかった。しかし、今年に入って宅配業者の負担増が報道などでクローズアップされ、宅配ボックスの注目度が一気に高まった。工場では新商品を作る余裕がなくなり、アパート向けなど3機種の発売延期を決めた。今後は月産2000~3000台まで生産ラインを増強する。

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです