ゆうちょ銀

個人向け融資参入へ 「住宅」は見送りに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ゆうちょ銀行は28日、個人向け貸し出し業務に参入するため、総務省と金融庁に認可申請する方針を固めた。ゆうちょ銀の通帳を使って貸し出す仕組みで、認められれば、ゆうちょ銀が貸し出し業務に初めて進出することになる。2019年度の業務開始を目指している。

 ゆうちょ銀は12年9月、新規業務として(1)住宅ローンやカードローンなどの個人向け貸し付け(2)住宅ローンとセットになる火災保険の募集(3)企業向け融資--の三つの認可を総務省と金融庁に申請。郵政民営化委員会は同12月、条件付きで容認する意見を出した。しかし、両省庁は4年半にわたって認可か不認可かの判断を出さず、ゆうちょ銀は新規業務に進出できないままとなっている。

 ゆうちょ銀は個人向け貸し出し業務への進出を目指すものの、個人向け住宅ローン(火災保険の募集を含む)と企業向け融資への参入は見送る方針だ。住宅ローンと企業向け融資は他の金融機関との競争が激しいほか、企業向け融資には審査能力が問われるからだ。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文789文字)

あわせて読みたい

注目の特集