香川・豊島産廃

搬出が完了 03年4月開始から14年

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 香川県土庄(とのしょう)町の豊島(てしま)に不法投棄された産業廃棄物の搬出が28日、完了した。1980年代初めから車の破砕ごみなどが持ち込まれ、産廃の総量は汚染土壌約1万3000トンを含めて約90万8000トンに達した。住民との公害調停(2000年)に基づき、県が03年4月に搬出作業を始めたが、想定を上回る産廃が見つかったため、搬出完了は当初計画から4年も遅れ、期限の3月末にかろうじて間に合った。

 豊島では午後3時15分、最後の産廃類約9トンを載せた専用輸送船「太陽」が、不法投棄現場近くの桟橋を離れ、産廃を無害化する中間処理施設のある約6キロ西の直島(同県直島町)へ向かった。船が動き出すと、桟橋周辺に集まった約130人の島民から歓声が上がった。浜田恵造知事も見送りに訪れた。処理方法を県に助言している「豊島廃棄物等管理委員会」の永田勝也委員長は「未来にどんな環境を引き渡すべきか、豊島を教訓に…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1504文字)

あわせて読みたい

注目の特集