メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川・豊島産廃

搬出が完了 03年4月開始から14年

 香川県土庄(とのしょう)町の豊島(てしま)に不法投棄された産業廃棄物の搬出が28日、完了した。1980年代初めから車の破砕ごみなどが持ち込まれ、産廃の総量は汚染土壌約1万3000トンを含めて約90万8000トンに達した。住民との公害調停(2000年)に基づき、県が03年4月に搬出作業を始めたが、想定を上回る産廃が見つかったため、搬出完了は当初計画から4年も遅れ、期限の3月末にかろうじて間に合った。

 豊島では午後3時15分、最後の産廃類約9トンを載せた専用輸送船「太陽」が、不法投棄現場近くの桟橋を…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです