高浜原発

「安全性欠如と言えない」運転差し止め取り消し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高浜原発の位置
高浜原発の位置

保全抗告審で大阪高裁 規制委の新規制基準合理性認める

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定について、大阪高裁は28日、関電の保全抗告を認め、地裁の判断を取り消す決定を出した。山下郁夫裁判長は、国の原子力規制委員会が策定した新規制基準の合理性などを認め、「安全性が欠如しているとは言えない」と判断した。決定は即座に効力を持つため、1年ぶりに2基の再稼働が法的に可能になった。

 住民側は最高裁への特別抗告などを断念する方向で検討している。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1216文字)

あわせて読みたい

注目の特集