メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府市

「湯~園地計画」いよいよ実現 寄付2700万円

動画「湯~園地」の一場面

湯につかって回るメリーゴーラウンドなど

 大分県別府市の長野恭紘市長は28日、温泉につかりながら遊園地を楽しむ「湯~園地(ゆうえんち)計画」への寄付金が2700万円に達したと発表した。湯につかって回るメリーゴーラウンドなどが実現するという。

     計画の発端は昨年11月、インターネットで公開した市のPR動画。市内の遊園地「別府ラクテンチ」を舞台に座席が湯船になったメリーゴーラウンドやジェットコースターなどが登場し話題を呼んだ。市長は動画の中で、視聴100万回突破で「湯~園地」を実現すると“公約”。視聴は3日間で100万回を超え、市は今年7月29~31日に同遊園地で動画に登場した遊具の一部を実現させるとして2月から寄付を募っていた。

     現段階で、メリーゴーラウンドのほか▽スプリンクラーで湯を降らせる「つり橋」▽ミスト(霧)の中で回転するジェット機型遊具▽温泉のウオータースライダー--などが実現することになった。次の目標は3000万円で、達成すると、走る列車から水鉄砲を撃つ射的と、足湯につかって観戦するアヒル競走が加わるという。

     長野市長は「開催日までに最終目標の1億円突破を目指したい」と話している。【大島透】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]