メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府市

「湯~園地計画」いよいよ実現 寄付2700万円

動画「湯~園地」の一場面

湯につかって回るメリーゴーラウンドなど

 大分県別府市の長野恭紘市長は28日、温泉につかりながら遊園地を楽しむ「湯~園地(ゆうえんち)計画」への寄付金が2700万円に達したと発表した。湯につかって回るメリーゴーラウンドなどが実現するという。

     計画の発端は昨年11月、インターネットで公開した市のPR動画。市内の遊園地「別府ラクテンチ」を舞台に座席が湯船になったメリーゴーラウンドやジェットコースターなどが登場し話題を呼んだ。市長は動画の中で、視聴100万回突破で「湯~園地」を実現すると“公約”。視聴は3日間で100万回を超え、市は今年7月29~31日に同遊園地で動画に登場した遊具の一部を実現させるとして2月から寄付を募っていた。

     現段階で、メリーゴーラウンドのほか▽スプリンクラーで湯を降らせる「つり橋」▽ミスト(霧)の中で回転するジェット機型遊具▽温泉のウオータースライダー--などが実現することになった。次の目標は3000万円で、達成すると、走る列車から水鉄砲を撃つ射的と、足湯につかって観戦するアヒル競走が加わるという。

     長野市長は「開催日までに最終目標の1億円突破を目指したい」と話している。【大島透】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
    2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
    3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]