メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界フィギュア

宇野「3枠へ全力」 羽生は冷静

 【ヘルシンキ福田智沙】来年2月の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠がかかるフィギュアスケートの世界選手権が29日、当地で開幕する。28日は公式練習が行われ、男子の羽生結弦(ANA)ら日本勢が調整した。

 3季ぶり2度目の優勝に向けて羽生は「あまり世界選手権という感じはしていない。(タイトルへの執着も)特にない」と冷静に話した。宇野昌磨(中京大)は「昨季の大会は気持ちの持っていきかたを失敗した。同じ失敗をしないよう、3枠をとれるよう全力を尽くしたい」と述べた。田中刑事(倉敷芸術科学大)は「自分の持てるものを全部出し切って、枠に貢献したい」と抱負を語った。

 女子も樋口新葉(東京・日本橋女学館高)、三原舞依(神戸ポートアイランドク)、本郷理華(邦和スポーツランド)がジャンプなどを入念に確認した。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです