メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

季刊誌「考える人」休刊 消える「ユルい」思想誌 

4月発売の2017年春号で休刊となる「考える人」の河野通和編集長と同誌のバックナンバー=東京都新宿区矢来町の新潮社同誌編集室で2017年3月22日、藤原章生撮影

 そうか、もう「考える人」はいないのか--。新潮社の季刊誌「考える人」が4月発売の春号を最後に休刊となる。政治経済、論壇と距離を置き、より抽象的なテーマを特集する、「暮しの手帖」の知的おじさん版といった雑誌だ。意識の高い人の部屋にさりげなく置かれていそうな軟らかい思想誌の欠落は、何を意味するのか。【藤原章生】

この記事は有料記事です。

残り2686文字(全文2841文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 「不安乗り越えられた」宮原、手応えの6位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです