メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 テレビは社会の窓である。今回は、社会は社会でも動物たちの社会のお話--。

 この3月に惜しまれながら最終回を迎えたのが、俳優・寺脇康文さんが司会を務めるペット番組「わんニャン倶楽部」(BS日テレ)。私は番組途中で依頼を頂いたのですが正直、最初はあまり乗り気ではありませんでした。当時、愛猫「グレ」を亡くした悲しみがまだ癒えておらず、とてもとてもよそ様の猫の可愛さを引き立てるナレーションなど書ける気がしなかったのです。そんな折、若き演出家がプロデューサーに「ギャラが足りないようなら僕の給料から引いて、たむらさんに」と言ってくれたことを耳にし、感激。ありがたく仕事を受けました。

 すると、見えてくる、見えてくる。新しい世界! ちょうど番組がドキュメンタリー路線にかじを切った時期…

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです