関西電力

残業代17億円未払い 2年間1万3000人分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 関西電力は30日、昨年末までの2年間で全従業員の約6割に当たる約1万2900人に対し、計約16億9900万円の残業代を支払っていなかったと発表した。関電は昨年自殺した管理職が過労死と認定されており、労働基準監督署が勤務実態の調査や労働時間を適正化する対策を求めていた。関電は30日午後、労基署に報告し、4月20日に未払い賃金を支払う。

 勤務実態の調査は、全事業所の全従業員約2万2400人が対象で、昨年末までの2年間分の勤務について調べた。タイムカードに記録された入退社時間や、パソコンを使った時間帯の情報、メールの送受信履歴を照合し、勤務時間と認定されていないのに業務を行った時間を特定した。その結果、賃金未払いは全従業員の6割近くに上り、1人当たり月平均で約1・8時間分、約5500円の未払いがあった。

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文517文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集