メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集

企業の挑戦 資生堂 気持ちまで照らすメークを

 <がん患者と家族の心のケア>

 抗がん剤の影響で眉やまつげまで完全に抜け落ちたり、闘病生活で肌の色がくすんだりして、人に会いたくない、外へ出られないなどと悩んでいるがん患者は多い。特に女性にとっては深刻な問題だ。そうした患者と看護師にメーキャップアドバイスをしているのが、化粧品最大手の資生堂(東京都)だ。

 きっかけは一昨年6月、奈良県内の病院から看護師向けのセミナーを頼まれたこと。同社専門店事業本部近畿支社のお客さま担当、阪上明子さんは「最初はどうしようかと戸惑いました。でも今では、通常のメークアドバイスと同じなんだと思えるようになりました」と笑顔で語る。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです