メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

搬出完了 「一生をかけ感無量」 公害調停申請代表人・浜中さん /香川

住民運動を続けてきた浜中幸三さん=香川県土庄町の豊島で、岩崎邦宏撮影

 豊島(土庄町)に不法投棄された産業廃棄物がすべて島から運び出された。大きな節目となった28日、最後の産廃を積んだ輸送船を見送る住民の中に、公害調停の申請代表人の一人、浜中幸三さん(69)の姿があった。40年にわたって住民運動を続け、廃棄物対策豊島住民会議の議長も務めた。「一生をかけてやってきたことがかなった。感無量だ」と話し、未来の豊島の姿に思いを巡らせた。【岩崎邦宏】

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです