メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱通告 期限2年、交渉へ 通商・人の移動が難題

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は29日、欧州連合(EU)に対し離脱を通告した。正式に離脱交渉が始まる。交渉期間は原則2年間と定められており、2019年3月末までに離脱の大枠を定める離脱協定の合意を目指す。地域共同体からの「主権」回復を求めて離脱を選択した英国と、統合を深化させるEUは今後、通商や人の移動などさまざまな課題を協議するが、意見の相違は多く、交渉は難航が予想される。

 英国は、昨年6月の国民投票で約52%が離脱を選択した。EUから離脱国が出るケースは初めて。前例がな…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです