メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
転勤、できますか?

/下 介護、育児に配慮 企業模索

合同企業説明会の開始を待つ学生たち。地元志向の強い学生が増え、転勤の多い企業を避ける傾向もあるという=千葉市美浜区の幕張メッセで1日、宮間俊樹撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 春の人事異動から落ち着きを取り戻した6月中旬。東京都内に本社を置く大手金融機関の人事担当者は、翌年4月の異動に向けて動き出す。

 支社長や部長クラスに異動の方向性について聞き取りを始め、10月には社員に希望調査。12月中旬には全体の方針を決定する。それでもこの春の異動では、本人に転勤を打診すると「介護がある」と退職をちらつかせて渋られた。「異動先の前任者や、異動後の後任予定の人事にも影響が及んでしまう」。人事担当者のため息は深い。

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2080文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです