メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

転勤、できますか?

/下 介護、育児に配慮 企業模索

合同企業説明会の開始を待つ学生たち。地元志向の強い学生が増え、転勤の多い企業を避ける傾向もあるという=千葉市美浜区の幕張メッセで1日、宮間俊樹撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 春の人事異動から落ち着きを取り戻した6月中旬。東京都内に本社を置く大手金融機関の人事担当者は、翌年4月の異動に向けて動き出す。

 支社長や部長クラスに異動の方向性について聞き取りを始め、10月には社員に希望調査。12月中旬には全体の方針を決定する。それでもこの春の異動では、本人に転勤を打診すると「介護がある」と退職をちらつかせて渋られた。「異動先の前任者や、異動後の後任予定の人事にも影響が及んでしまう」。人事担当者のため息は深い。

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2080文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです