メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「だいじょ~ぶ」のポーズでおどける。「オレの財産? そりゃ、人だよ、人」 =東京都板橋区で2017年3月17日、梅村直承撮影

少年スター「青影」、気のいいおやじに

 あっ、青影だ! 髪の毛こそ薄くなってしまったが、まぎれもなくあの青影だ! 芸名<金子吉延>を知らずとも、われら昭和30年代生まれなら、だれもが知っている少年時代劇「仮面の忍者 赤影」のスーパーアイドル。右手の親指をちょこんと鼻に乗せ、手のひらをぱらっと開いて決める名ゼリフ「だいじょ~ぶ」、ああ、懐かしい。

 その「赤影」、テレビ放映のスタートは1967年4月だから、50年になる。「つい昨日のようだけど、時…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1901文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  2. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 両陛下、トランプ大統領夫妻を歓迎 皇居宮殿で会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです