メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

府優良宿泊施設認証制度

旅館・民宿 安全安心、府が認証 違法「民泊」にブレーキ /京都

 府は旅館や民宿などの宿泊施設の利用を促進しようと「府優良宿泊施設認証制度」をスタートさせる。マンションや空き家などを宿泊施設として転用する違法な「民泊」が府内全域で広がる一方、旅館や民宿などは十分に利用されていない。こうした状況を踏まえ、一定の基準を満たした「安心な宿」を府が認定し、広く周知を図ることで利用促進につなげたい考えだ。対象施設を募集している。

 府によると、2015年末の府内の旅館の稼働率は49・3%、民宿を含む簡易宿泊所が36・4%にとどまる。そこで府は京都市以外の府域で許可を受けている旅館や民宿、ゲストハウス、ホテルの計約800軒を対象に、優良宿泊施設として認証する。損害賠償保険制度への加入、近隣への迷惑防止の取り組み推進、バリアフリーに対応--などが条件。

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです