メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

食の宝庫、和歌山を訪ねて

サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で

 本州最南端の紀伊半島に位置する和歌山。温暖で土地の起伏に富み、かんきつ類や梅をはじめとする食の宝庫だ。料理研究家の松田美智子さんと訪ねた。

 --料理研究家・松田美智子さん

 ●サンショウ原産地

 「昔ながらの和の食材が絶えぬよう、大切に伝えていきたい」。松田さんが思いを寄せるのがサンショウだ。日本原産で、7割が和歌山県で収穫される。ミカン科に属し、中でも大粒で風味の強い「ぶどうサンショウ」は有田川周辺が原産地とされる。

 5月の収穫にはまだ遠いが紀美野町の宇城農園に向かった。山に囲まれ、2月でも緑が美しい濃淡を見せる。なだらかな斜面に立つサンショウの低木。寿命は15年前後で、接ぎ木をして収穫するまで5年を要する。サイクルが短く手もかかるが、「一度営みを止めると再生できません」と農園主の宇城哲志さん(42)は難しさを語る。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 同性カップル、2府県67市区町が公認 1000組超認定 支援団体「法制化を」

  3. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  4. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです