連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

食の宝庫、和歌山を訪ねて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で
サンショウの木を前に「芽が少しふくらんでいますね」と解説する松田美智子さん=和歌山県紀美野町の「宇城農園」で

 本州最南端の紀伊半島に位置する和歌山。温暖で土地の起伏に富み、かんきつ類や梅をはじめとする食の宝庫だ。料理研究家の松田美智子さんと訪ねた。

 --料理研究家・松田美智子さん

 ●サンショウ原産地

 「昔ながらの和の食材が絶えぬよう、大切に伝えていきたい」。松田さんが思いを寄せるのがサンショウだ。日本原産で、7割が和歌山県で収穫される。ミカン科に属し、中でも大粒で風味の強い「ぶどうサンショウ」は有田川周辺が原産地とされる。

 5月の収穫にはまだ遠いが紀美野町の宇城農園に向かった。山に囲まれ、2月でも緑が美しい濃淡を見せる。なだらかな斜面に立つサンショウの低木。寿命は15年前後で、接ぎ木をして収穫するまで5年を要する。サイクルが短く手もかかるが、「一度営みを止めると再生できません」と農園主の宇城哲志さん(42)は難しさを語る。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1900文字)

あわせて読みたい

注目の特集