メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・今ドキッ!?大学生

理想と現実にギャップ 就活、早めの準備大切(その1)

合同会社説明会で企業の担当者の説明を真剣に聞く学生ら=名古屋市港区で2017年3月3日、兵藤公治撮影

 大学の新4年生が本格的な就職活動に励み、キャンパスでは新入生があふれる季節がやってきた。希望の仕事を得るため、就活にどう臨み、どのような学生生活を送ったらいいのか。今年発足したばかりの毎日新聞「東海キャンパる編集部」の学生記者たちがヒントを探るべく、就活生や社会人ら計160人に話を聞いた。取材から見えてきた今ドキの就活事情とは……。

 理想の会社に入っても想定外の現実に直面する--。卒業生45人と社会人40人に聞いたところ、こんな実…

この記事は有料記事です。

残り2301文字(全文2519文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです