メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
GetNavi

花見のラストは甘味でまったりが最新トレンド! 女性にも鉄板で褒められる絶品スイーツ5選(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

春到来で花見のシーズン真っ盛り! お酒やおつまみの準備に勤しむ人もいるでしょうが、最近は甘いものでまったり〆るのがトレンドなのをご存知でしょうか。特に花見に女性が参加するのであれば、気の利いたスイーツを提供できると株も上がるというもの。そこでより褒められることうけあいの絶品スイーツを5つピックアップしてみました!

 

春を感じさせる限定スイーツなら褒められる!

春といえば開花。そして動植物たちも活発に。そんなシーズンに合わせて、桜やテントウムシなどをモチーフにした限定スイーツが登場しています。明るい色彩やキャッチーなデザインで、サプライズ要素も十分。数あるなかから秀逸なものを厳選しました!

 

【その1】

クリスピー・クリーム・ドーナツ「Good Luck! Easter」

欧米ではクリスマス以上に盛り上がる国もある「イースター」。日本ではまだまだですが、”ポストハロウィン”として期待されているイベントでもあります。ということで、様々なブランドが限定商品を出しているのですが、花見にもぴったりなのがクリスピー・クリーム・ドーナツです。

 

20170330-a01 (3)

キャラメル クリスピー イースター 230円

新入りの歓迎にもぴったりな、ヒヨコがモチーフのドーナツ。ほんのりビターなキャラメルクリーム入りで、サクサクしたフレーク状のトッピングも絶妙です。

 

20170330-a01 (5)

ラッキー ストロベリー テントウムシ 230円

ひつじのショーンを思わせる面持ちがなんともキュート! 赤色は甘酸っぱいストロベリーナパージュで、七つ星で縁起がいいのもナイスです。

 

20170330-a01 (4)

ハッピー チョコエッグ 230円

イースターはキリストの復活祭で、生命のはじまりを象徴する卵がモチーフです。欧米ではチョコエッグが定番ですが、それをドーナツで表現したのがこれ。中身には、なめらかなチョコプリンクリームがたっぷり入っています。

 

20170330-a01 (2)

おすすめ! ダズン(12個入り)  2000円

大人数なら400円おトクになる12個入りセットがイチオシです。すべて4月25日までの限定で花見シーズン後でも買えますが、ぜひご活用を!

 

【その2】

20170330-a01 (1)

紀ノ国屋 「桜のクリームチーズタルト」 248円

昨今のスイーツ市場で人気が高まっている、チーズタルトを桜でアレンジした逸品。「紀ノ国屋アントレ 恵比寿駅店」などで気軽に買えるのもポイントです。桜の香りがふんわりと漂う、上品な大人のフレーバーでロゼワインによく合いそう! 4月10日までの限定です。

 

【その3

20170330-a01 (12)

エキュート東京 「ル・ビエ~プロデュイ パー ア ラ カンパーニュ~」 1296円

東京駅のエキナカにある、エキュートで買えるのがこのマカロン。パッケージがかわいらしく、お土産にもぴったりなデザインが秀逸です。バニラと桜、あまおうと桜を掛け合わせた優しい風味で、2種類計6個入り。4月2日までの限定なのでお早目に!

 

20170330-a01 (11)

なお「おひとりさま」需要が高まる中、何気にひとりで花見を楽しむという人が18.5%もいるとか(マクロミル調べ)。より深掘りすると、「ぼっち花見」、移動の合間などの隙間時間を利用する「合間花見」として楽しまれているようで、お手ごろサイズのこのタルトやマカロンは、それらの人にも最適といえるでしょう。

 

行列店の憧れスイーツで褒められる!

希少な味を楽しめることがうれしい! それが昨今のトレンドグルメのいち側面です。花見のシーンにそんな行列店の逸品があれば、ヒーローになれることも間違いありません。ということで、話題沸騰のスイーツもふたつ選んでみました。

 

【その4】

20170330-a01 (7)

シュークリーム専門店 クロッカンシュー ザクザク 「クロッカンシュー ザクザク」 1個250円(4個980円)

国内4店舗で年間約200万本売れているシュークリーム専門店がクロッカンシュー ザクザク。シュークリームながら細長く、ワンハンドで食べられるのもポイントです。

 

↑毎日店頭で焼き上げられるクロッカン生地のザクザク食感と、北海道産の放牧牛乳で作ったフレッシュでなめらかなカスタードクリームの風味が楽める↑毎日店頭で焼き上げられるクロッカン生地のザクザク食感と、北海道産の放牧牛乳で作ったフレッシュでなめらかなカスタードクリームの風味が楽める

 

【その5】

20170330-a01 (9)

焼きたてカスタードアップルパイ専門店 RINGO 「焼きたてカスタードアップルパイ」 1個399円(4個1512円)

1日約3500個を販売する、アップルパイの専門店がこちら。北海道・新村牧場の完全放牧乳牛のミルクを使用したクリームを使用した新感覚アップルパイで、フレッシュバターの香りも芳醇です。

 

↑144層からなる自家製パイはふっくらとしてい食感はサクサク! またゴロっとしたリンゴのフィリンや、一度生地を焼いてから入れる“後入れ”によるカスタードクリームの多さも魅力的↑144層からなる自家製パイはふっくらとしてい食感はサクサク! またゴロっとしたリンゴのフィリンや、一度生地を焼いてから入れる“後入れ”によるカスタードクリームの多さも魅力的

 

クロッカンシュー ザクザクは新宿、原宿、池袋、蒲田。RINGOは池袋と川崎にあり、オープンと同時なら比較的行列も短めです。この花見の機会に、ぜひスイーツにトライしてみるのもいいのではないでしょうか!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  2. けものフレンズ 新フェネック役に新人声優・美坂朱音 初インタビュー 初の収録で涙も

  3. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  5. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです