メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州委員長

テキサス独立を働きかける…トランプ氏姿勢に

EU離脱に関して協議したユンケル欧州委員長(左)とロンドンのカーン市長=2017年3月28日、AP

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は30日、英国に続くEU加盟国の離脱を支持するようなトランプ米大統領の姿勢について、「もし彼がそのような態度を続けるならば、私は米国のオハイオやテキサスの独立を働きかける」と述べた。マルタで開かれた欧州議会の最大勢力、欧州人民民主党の会合で演説した。

 ユンケル氏は、米大統領選時から英国のEU離脱を公言してきたトランプ氏に対し「EUのことをもっと知るべきだ」と苦言を呈したこともある。一方でトランプ氏は、初の首脳会談の相手にメイ英首相を選び、両国の「特別な関係」を演出。EU離脱後をにらんで米英間の自由貿易協定に関する協議に積極的な姿勢をみせている。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです