育児介護

改正法成立…育休延長「女性活躍に逆行」の声も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 育児休業の最長2年までの延長や雇用保険料率の引き下げを柱とする育児介護休業法や雇用保険法などの改正法が31日、参院本会議で自民、公明、民進党などの賛成多数で成立した。これまで最長1年半だった育休期間の延長は、保育園に入れない待機児童問題の深刻化を受けた対策だが、母親たちからは「女性活躍促進に逆行する」「まずは保育園に入れる環境整備を」といった声も出ている。

 育休は原則として子どもが1歳になるまで取得できる。子どもが保育園に入所できない場合は半年間延長できたが、今年10月からは1年間の延長が可能になる。延長期間中も育児休業給付金(休業前賃金の50~67%)は支給される。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集