熊本県

イグサで作った食べられる箸を開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イグサから作られた食べられる箸=熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会提供
イグサから作られた食べられる箸=熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会提供

 熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会は31日、畳の原料となるイグサを原料に使った食べられる箸を開発したと発表した。東京都内2店舗と熊本県内1店舗の料理店で提供する。

 食べられる箸は、和室の減少や外国産の台頭で苦境に陥っている国産イグサをPRしようと、国内シェア9割を超える熊本県八代地域のイグサ農家でつくる同連絡協議会が企画した。有機栽培した食…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集