メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本県

イグサで作った食べられる箸を開発

イグサから作られた食べられる箸=熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会提供

 熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会は31日、畳の原料となるイグサを原料に使った食べられる箸を開発したと発表した。東京都内2店舗と熊本県内1店舗の料理店で提供する。

 食べられる箸は、和室の減少や外国産の台頭で苦境に陥っている国産イグサをPRしようと、国内シェア9割を超える熊本県八代地域のイグサ農家でつくる同連絡協議会が企画した。有機栽培した食…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです