メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本県

イグサで作った食べられる箸を開発

イグサから作られた食べられる箸=熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会提供

 熊本県いぐさ・畳表活性化連絡協議会は31日、畳の原料となるイグサを原料に使った食べられる箸を開発したと発表した。東京都内2店舗と熊本県内1店舗の料理店で提供する。

 食べられる箸は、和室の減少や外国産の台頭で苦境に陥っている国産イグサをPRしようと、国内シェア9割を超える熊本県八代地域のイグサ農家でつくる同連絡協議会が企画した。有機栽培した食…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです