特集

沖縄戦

「鉄の暴風」が吹き荒れた沖縄戦から76年。約3カ月に及んだ地上戦は住民を巻き込み、日米合わせて計約20万人が犠牲となった。

特集一覧

沖縄戦没者

DNA鑑定、判明せず 4月から四肢骨も実施

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は30日、沖縄戦の戦没者について、身元を示す遺品がない遺骨に初めて実施したDNA型鑑定で身元確認ができなかったと発表した。また、4月からの鑑定では、従来の歯だけではなく、大腿(だいたい)骨などの四肢骨も対象に含めることを決めた。今回身元が判明しなかった遺骨についても、四肢骨の鑑定を実施する。

 戦没者遺骨のDNA鑑定は2003年に始まったが、遺品で身元が推定できる場合に限定していた。このため戦没者が18万人に上る沖縄で、DNA鑑定で身元が判明したのは4人だけだった。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文415文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集