サケ

木戸川の漁再生へ 稚魚440万匹放流 福島・楢葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
木戸川にサケの稚魚を放流する子どもたち=福島県楢葉町前原で2017年3月30日午前10時32分、乾達撮影
木戸川にサケの稚魚を放流する子どもたち=福島県楢葉町前原で2017年3月30日午前10時32分、乾達撮影

 福島県楢葉町の木戸川漁協は、昨年捕獲したサケから採卵し、育てた稚魚を中心に440万匹を木戸川下流で放流した。放流数は1200万匹を超えていた東日本大震災前には及ばないものの、昨年の3倍強で、豊漁復活に向けた一歩を踏み出した。

 30日は町内の子ども約10人も参加し、岸からバケツで1万匹を流した。青木苺香(いちか)ちゃん(5)は「楽しかった。大きくなって帰ってくるのが楽しみ」。町立楢葉中学校2年の鎌田一輝さん(13)は「帰っ…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

あわせて読みたい

ニュース特集