メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角ワイド

室蘭 科学館と図書館、合築し建て替え 環境テーマ、20年度開館目指す /北海道

 室蘭市が2020年度中の開館を目指す「環境科学館・図書館(仮称)」の基本設計がまとまった。市役所近くに隣接する青少年科学館と図書館が共に築50年を経過し、老朽化していることから合築して建て替える計画で、環境をテーマにした実験スペースやプラネタリウムも設ける。「静」の図書館と「動」の科学館が複合した建物は全国的にも珍しいという。

 基本コンセプトは(1)環境学習と知的創造空間(2)多世代が集う交流拠点(3)広域連携と地域の活性化。鉄筋コンクリート造り、一部鉄骨造り2階建てで、1階に図書館、2階に環境科学館を配置する。敷地面積は約1万1800平方メートル、延べ床面積は約4700平方メートル。駐車場は92台で、敷地内に緑地スペースを広く設ける。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです