メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「共存」のコスト・日米地位協定と青森

/4止 米兵は「幽霊住民」? /青森

住民登録を行う市民課の窓口。米軍関係者は住民登録の義務はない=三沢市役所で

 「約4万人の人口に加え、多くの米軍人、軍属及びその家族が暮らし、異国情緒漂う国際都市として独自の発展を続けています」。三沢市の人口について、市のホームページはこう説明する。米軍関係者の数が「多く」と表現されているのは、実際の数は分からないからだ。

 防衛省によると、日本にいる米軍関係者の市町村別の居住者数は2012年を最後に非公表となり、現在確認できる青森県内の数字は「8118人」(13年3月末時点)となった。東北防衛局の担当者は「米兵の安全のためという理由で米軍側から公表されず、日本側も正確な人数を把握できていない」と話す。米軍関係者は日米地位協定第9条により外国人登録が免除され、自治体に住民登録をする必要がない。市民税などの納税義務が免れ、「まるで幽霊住民状態」(市民)となっている。

 市に税収が入らない一方、米軍関係者は市民税の対価として受けられる市民サービスの恩恵は受けられる。ゴ…

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです