メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「標的の村」 沖縄の「オスプレイ反対」描く あす気仙沼で上映 /宮城

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの離着陸帯(ヘリパッド)建設工事に反対する沖縄県東村高江の住民らを追ったドキュメンタリー映画「標的の村」(2013年、三上智恵監督)の上映会が4月2日、気仙沼市の同市民会館である。

 舞台は、沖縄本島北部の自然豊かな集落。映画では、06年に集落そばにヘリパッドが造られることが判明し、工事現場で抗議の座り込みを続ける住民の姿を描いている。また、オスプレイ配備に反対する住民らが12年9月、米軍普天間飛行場のゲート前で体を張って…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです