メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止条約交渉

決意、折り鶴に…被爆者ら手渡す

 【ニューヨーク竹内麻子】国連本部で開催された核兵器禁止条約の第1回交渉会議最終日の3月31日、会議に参加した被爆者の藤森俊希さん(73)や長崎大の学生らが、会場を去る各国の政府代表らに平和を願う折り鶴を手渡し、条約成立への思いを共有した。

 国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の発案で、ナガサキ・ユース代表団の長崎大3年、光岡華子さん(21)は「みんな笑顔で受け取っ…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです