かみつき事故

飼い犬にも殺傷能力…乳児の悲劇、なぜ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
警察犬としても活躍するゴールデンレトリバー=郡悠介撮影
警察犬としても活躍するゴールデンレトリバー=郡悠介撮影

 東京都八王子市で3月9日、生後10カ月の女児が祖父母宅で飼い犬のゴールデンレトリバーにかまれ、亡くなった。忍耐強く、介助犬や警察犬としても活躍する人気犬種。今回の犬もほえたり、かみついたりしたことがほとんどなかったといい、女児が何度も訪れていたなじみの家での突然の悲劇だった。大型犬を室内で放し飼いにする家庭は多く、専門家は「かみつき事故は決して少なくなく、犬に絶対安全はない」と注意を促している。

 警視庁南大沢署によると事故は同日夕、1階のリビングで起きた。保育園で発熱し、祖父母が連れ帰った女児がハイハイしていたところ、体重約37キロの雄のゴールデンレトリバー(4歳)が突然、横から頭部付近にかみついた。女児は約2時間後、搬送先の病院で亡くなった。失血死とみられる。室内のケージから放されていた犬は、祖母が「だめ」と怒るとすぐ女児を放し、おとなしくなった。犬は3年以上前から飼われていた。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文929文字)

あわせて読みたい

注目の特集