メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU

離脱・通商、並行認めず 英との交渉で指針案

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は31日、英国との離脱交渉方針のガイドライン草案を加盟国に提示した。EUと英国の関係を整理する離脱協定を巡る「十分な進展」がない限り、新たな貿易の枠組みを柱とする「包括的な通商協定」の交渉に入らないと強調。また、期限の2年で通商協定がまとまらず移行期間を設けた場合、英国はEU法令に従う必要があるとした。今後の協議で英国側が反発しそうだ。

 英国のメイ首相は、離脱を通告した書簡で、二つの交渉を並行するよう求めていた。しかしトゥスク氏は、最…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです