メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力団みかじめ料

山口組組長らに1878万円賠償命令

名古屋地裁判決 民法上の不法行為、使用者責任を認定

 指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)の傘下暴力団にみかじめ料(用心棒代)を払っていた元飲食店経営の女性が、この傘下暴力団の組長と山口組トップの篠田建市(通称・司忍)組長に2258万円の賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は31日、連帯して1878万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決はみかじめ料の要求を民法上の不法行為と認定し、篠田組長の使用者責任も認めた。

 原告側弁護団によると、みかじめ料を巡って民法上の不法行為責任と暴力団トップの使用者責任を認定した判…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです