メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力団みかじめ料

山口組組長らに1878万円賠償命令

名古屋地裁判決 民法上の不法行為、使用者責任を認定

 指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)の傘下暴力団にみかじめ料(用心棒代)を払っていた元飲食店経営の女性が、この傘下暴力団の組長と山口組トップの篠田建市(通称・司忍)組長に2258万円の賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁(加島滋人裁判長)は31日、連帯して1878万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決はみかじめ料の要求を民法上の不法行為と認定し、篠田組長の使用者責任も認めた。

 原告側弁護団によると、みかじめ料を巡って民法上の不法行為責任と暴力団トップの使用者責任を認定した判…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです